ありのまま ♬有山じゅんじ♬

ariyama%e2%91%a0-300x22511月6日の日曜日、お昼過ぎに大阪が誇るミュージシャン有山じゅんじ氏がぶらっと寄ってくれました。
愛車にギターを積んでのミニ・ツアーらしかったです。
前日は、鹿野町で開催された、鷲峯山音楽祭でフォーク歌手の加川 良さんと一緒のコンサートに出演された後です。
今日は岡山県津山市でのライブが有るらしく、菊乃家の有る河原町は鳥取から岡山に向かう途中なので、ちょっと休憩に(^^♪

彼と私は同じ年なのですが、話しているといつもホッとして、その後、自分というものを反省させられます。(ー_ー)!!
ええ年して何やっとるんじゃーワシは!・・・ええ恰好しのワシ!
彼はいつも飾らずにありのままの自分を喋ります。・・・そのように感じます。
大ヒット曲を作りたくない?って聞いた事があります。
「ウソはつけへんしなあー」と笑って言われてしまいました。長〇 剛に爪の垢煎じて飲ませたい!

川ガ二料理

鮎の漁期は9月25日で終了しました。そしてその頃から千代川の川ガニ
(もくずがに)が入荷し始めます。
この辺りではズガニと呼ばれて以前から食されています。
pa150091-300x225一般にはあまりポピュラーではなく、なじみの薄い食材ですが、知る人ぞ知る、妙味のあるカニですよ。
食べ方は、茹でガニ、カニ飯、カニ汁、程ですが、
茹でガニはオスとメスの味がはっきりと違い、特にメスの甲羅の中に詰まった内子は絶品の味です。
雑菌を持ったカニなので生食はできません。沸騰してからも20分位は茹でなければいけませんね。
カニ飯は小ぶりのカニをすり鉢で細かく砕き、さらにそれをジューサーにかけてドロドロのカニエキスを使います。
濃厚で絶品です。
カニ汁は大根と一緒に炊いて、味噌で味を調えネギを仕上げに散らします。
これが菊乃家でお出しする川ガニ料理です。

ブルーズで踊れ!

btb590213-1-300x300 またまた、♪ライブを主催することになりました(^―^)
今年の夏にもライブをやってもらったブルーズ・ザ・ブッチャー!
このバンドが単独アルバムとしては2年半ぶりに3枚目のアルバムをリリースしました。
そのバンドの発売記念の全国27ヶ所を回るロング・ツアーの鳥取でのライブです。
コンセプトは“ファンキー”!
バンドはブルーズ・バンドなのですが、暗いイメージを持たれるブルーズを、踊れる音楽として表現しています。
50~60年代ナイトクラブやジューク・ジョイントで黒人達はブルーズで踊り狂っていました。ブルーズはダンス・ミュージックというコンセプトをブ  ルーズ・ザ・ブッチャーが復活させます。
夏のライブも皆さん立ち上がって踊っていたなー (^_^)v

12月4日(日)
鳥取市末広温泉町159-7 イタリアン・ダイニングロッソ tel0857-27-4524
pm18:00open,19:00start 前売¥4000(1ドリンク付き)当日¥500up

竿釣りの鮎と網の鮎

8月に入り、鮎達の成長が良く分かるようになりました。大きな物は130g以上の鮎も出てきました。
私の店では竿で釣った鮎しか漁師さんからは買い取る事はしていません。
網で捕られた鮎を仕入れない訳、まずは、活の鮎が欲しいからです。洗いや背越し(セゴシ)にするには活きたままの鮎でないと無理だからです。網で捕られた物でも、上手に活かして持って来られる方もおられますが、丸く膨れたような魚体の物が多くみられます。この鮎を刺身にするために、三枚下ろしにして、冷水で洗っても締まった身にはなりません。下ろした身も乳白色をして食べても美味しくありません。原因は網で囲まれた状態が鮎の大きなストレスとなって、筋肉内のアデノシン三燐酸(ATP)という物質を消耗してしまい筋肉繊維が収縮しなくなるから。刺身は締まっていないと美味しくありませんね。
これは海の魚でも一緒です。網で大量に捕られた鯛よりも漁師さんが手釣りで釣られた鯛の方が値が高いのは訳があるのです。活の鮎も高価ですが。。。もっと安くなって沢山の人に美味しい鮎を食べて欲しい!

大きな鮎が!

新聞等のマスコミが今年の先代川は鮎が不漁で、鮎釣りの方が困って不満を言っているらしい!等と書いて有りましたが。確か、このような記事は昨年も地元紙に掲載されていましたね 。昨年は私の店にも電話取材がありましたが、、、今年の鮎は菊乃家では不足なく入荷しているので、不思議な感じがしていますね。う~ん、鮎漁師さん達がいろいろと努力されている御陰かな?!一昨日と昨日ともに大きな鮎が入りましたよ。特に用瀬から捕れた鮎は100グラム前後の大物ばかりでした。塩焼きにしたら最高!!1匹食べちゃおうかな。味見ですよ。(#^.^#)

雨の七夕です

7月7日は七夕ですね。こんなに雨が降ると天の川が氾濫して渡れません!
可哀想な織り姫と彦星。年に一度の逢瀬なのに。。。
こと座の1等星ベガ(織女星)が織り姫、わし座の1等星アルタイル(牽牛星)が夏彦。
年に1度の再会を楽しみにしている二人ですが今夜は無理かなー!?(T-T )( T-T)
桑田佳祐のCD『ミュージックマン』の2曲目『ベガ』という曲は大好きな曲です!!
昨日は千代川は鮎がよく動いたのか、鮎漁師さん達は皆さん沢山釣って来られましたよ。
全員が1キロ以上の釣果でお陰様でイケスがいっぱいになりました。
鮎も大きくなって100グラム近い魚体もみられます。

暑い日には鰻を食べて。

p1050086-300x225 いきなりの猛暑で・・・私の身体はこの暑さに付いていけません。
まだ6月で梅雨も明けてないのに。。。どういうこと!?野球をやったり、ジムにも行ってたのに!昨日も今日も車に乗ってもエアコン入れずに窓全開にして走ってます。汗をかくことに強い身体にしたくって。(笑)だって、厨房の気温はますます上昇しますからね、エアコンは有っても無いのも同然ですから。特に鮎やウナギを焼き始めたら汗だらだらです。
暑さに負けない身体が欲しい!!

安来のおじ&おがっちさんに初お目見え

昨夜は遅くなってから二階町にある「ライブハウス823」で月一で開かれる異業種交流会に行ってきました。
到着が9時過ぎくらいだったのでかなりの遅刻です。入り口でバッタリと会ったのは用瀬町で理美容店を経営しておられる鳥谷くん。お互いが驚きながら「今、中では安来のおじがライブやってますよ。」と言われ、中へ…
歌ってました!初めて生で聴く安来のおじは良かったですよ!
FM山陰で時々聞いていたズーズー弁の安来弁?を交えた歌は心にシンミリ入ってくる歌声と情景が浮かんでくる歌詞でそこに居る人達を彼の世界へ引き込んで行きます。楽しいトークを交えたおがっちさんの歌も聴けて思いがけずライブな夜になりました。

ちょっと、疲れぎみ

月曜日です。うーん!昨日の日曜日は忙しかったなー!ちょっとバテぎみです。法事のお客様と慶事のお客様、それに鮎料理とうなぎのお客様。夕方には地区の会合があって、、、さすがにそれには遅刻しての参加になりました。いつもならこの後に、娘を送って津山市まで行かなければならないのですが、、、昨日は娘は岡山に帰る友達に同乗させて貰って帰ったのでホッと安心。日曜日は夕方のお客様は少なかったので早めに休めました。
日曜日の千代川はサンデー釣り師の方達が多く、釣りのできる場所が限られるので、菊乃家が契約している漁師さん達はあまり鮎を持って来られないですね。
永井“ホトケ”隆さんのバンド『ブルーズ・ザ・ブッチャー』のライブまであと10日ほどになってしまいました。もっとチケット頑張って売らなければ!!

鮎の釣果

昨日から解禁になったゾロ(転がし釣り)は不漁でした。。。しかし1日たった今日は友釣りの方やゾロの方が沢山の鮎を持ち込んで来られましたよ。
今シーズン最高の釣果で鮎を持って来られた方はゾロでの釣り方をされた方!1キロ740グラム!!「昨日は釣れなかったけど、今日は良い場所に当たった」と言っておられました。今年は初めてお目にかかった白岩さん!この人はゾロしかしない鮎釣り師。控えめな大人しい方です。千代川の支流である八東川での釣果だそうです。八東川のどの辺りかはあえて聞きません!
聞いても私は釣りに行けませんし、、、餅は餅屋におまかせした方が良いですね。