香港メディアの取材

香港の新聞社、雑誌社、旅行会社の人達の取材を受けました。

この時期の菊乃家は何と言っても鮎料理です。

千代川で獲れた天然鮎を使った鮎料理をお出しして、香港の皆さんにも天然鮎の美味しさを知って頂きたかったので、いつもより早起きして、準備と料理の仕込みを頑張りました。最後にお出しした「鰻のかば焼き」も、とても喜んで頂けました。大井手川をまたいで架かっている渡り廊下や部屋によって感じが違う個室等の店のロケーションも香港の人はこんな感じは大好きですと言って頂きました。

カメラマン2名を含む総勢7名のメディアの方々は、皆さんが紳士淑女で、非常に礼儀正しい人達でした。初日は大山の取材から始まり県内各地を取材して回られたようです。「鳥取の人は皆さんとても優しいです!」と言っていた、スタッフの中で一人だけ日本語が喋れるリーさんの言葉が記憶に残ります。皆さんの取材の成功を祈ります。

 (店の側の紫陽花の上で見つけた蛍)

明日、15日から八頭町若桜の川の鮎漁が解禁となります。近年は若桜からの鮎に助けられて6月の菊乃家の鮎料理はできているような気がします。そして、明日からは『ゾロ(転がし)』の鮎漁が解禁されます。

6月1日の解禁からは『友釣り』と『毛ばり釣り』しか解禁となっていなかったので、少しの気象条件の変化で鮎の入荷が落ちる事になりますが、明日からはもう一つの漁法が鮎の入荷を助けてくれると思います。

今日は用瀬からの契約漁師さんが2kg近い鮎を持って来てくれました。感謝です!